新築住宅の土地探しについて苦労したこと。


両親が定年退職してから、田舎に一戸建てを新築することにしました。
元々は両親の郷里でしたが、仕事で20年ほど離れており土地を探すことから大変でした。
なんとなくは土地勘があるものの、詳しいことは親戚や不動産の方の意見を頼りにいろいろ見て回りました。土地探しにかなり時間をかけた覚えがあります。
霧がよく発生するから毎日の洗濯に困りそうとか、道が狭くて車の運転がしづらいのでは…など細かなことから、価格など。
また、祖母の様子が見に行きやすいが、親戚とお互いほどよい距離であるようにということなど様々な検討をしました。

不動産の方や親戚の意見を元に、実際にその土地を見に行きました。
もし、見に行った場所の近くに住んでいる方を見かけたら、すかさず意見をいただきました。
両親は定年している年なので、候補に残った土地からの病院の距離や交通手段も実際行動して計測しました。
あとは地盤がしっかりしているか、店との距離はどうかなど。現在の土地に決めたのは、前述に加えて数年後に近くに高速道路が開通するということと、100%ではないけど、80%は条件を満たしていることでした。

やはり餅は餅屋かと思うので、不動産さんを頼ること。自分の条件をしっかり把握しておくこと。自分の目で確かめること。