建売りの支払いができるか不安でしたが


結婚し妊娠がわかった際、引っ越しを検討しました。
注文住宅良い土地も見つかったのですが、住宅ローンを支払っていけるのかが気になりました。
当時は共働きでしたが、お腹に赤ちゃんがいて、働けなくなるのが想定できたので不安でした。しかし臨月も近く、他の物件も探す時間がなかったことから思い切って決めました。
今住んでいる家から近かったので引っ越しも楽でした。しかし月々払っていけるのかが引っ越し後も悩みの種でした。

「たとえ給料が低くても家賃は高い家に住め」という言葉を目にしたことから考えが変わりました。
たしかに月々高い支払いをしていますが、その分、ご近所さんに恵まれました。
皆さん優しく、お野菜をいただいたり、お土産を交換したりと友好的な交流をしています。
また子供が産まれてから毎日のように遊んでいます。生活水準が似たような方々の集まりだからかなと思います。
また家が快適です。お日様もよく当たるし、新しいので木のにおいもします。
もっと快適な家にしようというモチベーションが上がります。

お金がかかっても高い分だけの理由があります。お金はかかっても家賃を下げてはいけないなと思いました。
家賃が低いアパートに住んでいる友達は水漏れが起きたり、隣人とトラブルになったりという話も聞きます。
衣食住というように、住むことにお金をかけるのは大事なことです。